・三日目(4.いざ慈湖!)

観光案内所

アチコチのサイトを探しても、イマイチ良く分らなかったので、バス乗り場を聞きに案内所へ!

30代&40代の女性がお二人。 毎回お約束のツカミ!

Excuse me! Please teach me~!!

喋れる英会話?はコレだけです

ブッチャケ日本語、全然通じまテンω ほぼ身振り手振りの中、持参した路線図時刻表を提示。

慈湖を指差しながら

HELP ME的な困り顔♪( ´Д⊂ヽ

多分、これだけで

あぁ~この人、慈湖に行きたいんだな?

っと、すべて悟ってくれるハズです!

路線図と時刻表のDL先 【慈湖線| 桃園觀光導覽網

このバス、俗に 台湾トリップバス ってヤツです。 乗ろうとしていたのは 慈湖線(桃園市)。 詳細は割愛しますが、外国人観光客だけではなく、地元の人も普通に利用しています。

台湾トリップバス」で検索すれば、情報がイッパイ出て来ます!

上図の路線図、ちと見づらいかも?なので、停車駅を打ち込んでおきます。

桃客中壢総合ターミナル → 南勢 → 山仔頂 → 百年大鎮 → 桃客龍潭バスターミナル → 龍潭大池 → 桃園市客家文化館 → 文化路活魚街 → 石門大草坪 → 文化路活魚街 → 三坑老街 → 石門水庫(坪林料金所) → 好時節農荘 →大溪老街→大溪陵寝 → 慈湖

時刻表に記載されている通り、平日は印の正時出発便のみです。 (09:00~16:00の一時間おき

んで!

何が知りたいの?的に聞き返されるので…

乗り場ですよ!乗・り・場ω

Bus stop !!

通じてくれたよ~です。 お姉さん、こんなのくれました!

今いる観光案内所はココ!と指差して教えてくれます、 緑色で囲った中壢駅の改札出たスグ横にある所)

で、乗り場を鉛筆使ってグリグリ丸で囲みながら ココね!っと教えてくれました! (赤色で囲った所)

だいたい3分くらいかしら?と、地図に加筆してくれました。

これ、ネットにはアップされていない、この案内所のオリジナルで、貴重な自筆サイン入り地図です。

一本逃すと1時間待たなければなりません。

出発予定時刻の正時間近だったので、お礼を述べ、一服もせずに早々向かいます!

(地図データ: Google、DigitalGlobe

GoogleMapの画像です。 約300m、5分弱の距離でしょうか? ホームの端から端って感じですネw

中壢火車站旅遊服務中心(観光案内所)からスタートしてます。 入り口の画像と併せてご確認ください。

途中右側には、下の画像のようなバスターミナルがあります。 お姉さんがくれた地図上に青色で四角く囲った部分です。 ここには別のバス会社が3社、軒を連ねています。 お間違いなきよう~m(._.*)m

また、すぐ近くに同じく桃園客運の別ターミナルがありますが、今回利用するバスは地図上のターミナル発着です!

出発時刻ギリギリだったので、往路では画像を撮ってません。 以下の画像は復路で撮った物ですが、参考までに載せておきます。

桃園客運 中壢總站

進行方向右側には “新竹客運・國光客運・中壢客運” 3社のバスターミナルがあります。
目指すのは一番奥、唯一
左側ある 桃園客運 のターミナルです! 

右上の画像は裏手の “乗り場口” なので、逆走すると顰蹙カモ?です。
入り口は、上画像の左or中の所か、到着したバスからお客さんが降車中だとチョット分かりづらいカモ?ですが、左下の所です。

も~ほんとジャスト!
つか、
ギリセーフ!って感じでした。

既に整列している数名の先頭にいた
 次長課長の河本さんのタンメンネタみたいな
 ”いかにも中華系の恰幅の良いオッチャン
に聞いたら
 
今来るからそこに並んで待ってろ
的な事を早口で捲し立てられ、最後尾に整列~
(通じてないけど、多分そんな感じ)

と振り向いた瞬間に、慈湖線って書いてあるバスが到着しました!ω

悠遊カード ピッ! して乗り込みます。

桃園観光公式サイト台湾好行共に

乗車券は、桃園バス中壢ターミナルでのご購入、又は各バス停からのご乗車時にご購入いただけます。

と、事前に乗車券を購入しないとダメな感じに記載されていますが、一日乗り放題券・割引券の場合に限る話なのかは不明です。
出発間際ギリギリで駆け込み乗車したからなのか、私の場合は 悠遊カード でOKでした…

いざ慈湖!

トリップバスの車内です。

ハイデッカー車ではありませんが、普通の大型バスです。

乗客数から見て、採算が取れるのでしょうか?

大通り沿いには、相変わらず途切れなく商店が建ち並んでいましたが、一度中心地を離れると
 え”!こんな細い所に入って行くの?
みたいな脇道を通ってみたり、いよいよ標高が上がってくると “耳抜き” が必要になったり…

移動手段としてバスに乗っているんですが、車窓の景色だけでも充分観光になってます!

石門水庫(坪林料金所)で折り返し…

中にはこんな建物がありました。

夫婦と思われる中年カップルさんが下車しました。

私も下車してみたくなりますが、さすがに次のバスまで1時間待つにはヘンピ過ぎる所なので、ジッとしてます,,,

到着後、下車時に撮った中扉付近の画像です。

観光客向けのペイントが施されていました。

また、中扉付近はご覧の通りとても車高が低くなっています。
近年良く見かけるようになった “ノンステップバス” ってヤツですネ!
都バスのように、乗降時に傾くのかは不明です…

再度、悠遊カード ピッ! して降車~

慈湖着!

来たぜ!慈湖!!
時刻表通り1時間10分ほどで到着しました。

タクシーで行くには、ちょっとシンドイかな?,,,

乗って来たバスを記念撮影~

このペイントω

路線バスの場合、日本では普通は使い回ししますよね?
行き先案内版を備えているのに、このバスは
慈湖線専用車両” なのでしょうか?

降車場の目の前には、観光案内所があります。

この時は、年配の男性お姉さんがいました。

昼食処を尋ねてみると、わざわざ外に出て来て指を差しながら教えてくれます。

付近を散策…

泣きながら目的地へ移動します…(;_q))

毎度の事ですが、トイレを見ればその土地のおよその状況は判りますよねω

こんな感じ…

屋外にあり、多国籍の観光客が利用しているであろう公衆トイレなので仕方ない事ではありますが…

お世辞にも綺麗、衛生的とは言えない状態でした。

自販機でドリンクを購入し、先へ進みます。

悠遊カードが使えないので、小銭がないとダメです…

慈湖紀念雕塑公園(兩蒋文化園區)

台灣桃園市大溪區復興路一段1097號

“慈湖蔣公銅像公園” で検索した方がHITしやすいかも?です。

数え切れないくらいのサイトで紹介されています。
近景や展示物については、他サイトをご覧ください!

橋の途中まで行っただけで、中には入りませんでした。
遠景でご勘弁を!(モチ無料~

さて!

目的地までもうヒト頑張り!。

ツアーなら別の門から入れるようなんですけど、自力で歩いて行くしかありません…

ヒトマズ天気も良いのでハイキングです!^^♪w

入り口は、こんな感じ~

慈湖(前慈湖)湖畔をそのまま進みます。

見えて来ました!

wktk!(*°∀°)o

ここまでの徒歩ルート

現地へ行けば無理なく判ると思いますが、GoogleMapに落書きして掲載してみます。(Googleさん、ゴメンナサイ,,,)

GoogleMapでは、途中のテニスコートがある辺りで
 ”道がありません
ってなるので、2回に分けてルート検索の上、合成してあります。

実際には画像のように、階段とデッキで遊歩道が確保されており、慈湖湖畔まで続いています。

ゆっくり歩いても15分程度で辿り着きます。

  • バス停前の観光案内所から出発
  • トイレ前を通過
  • 駐車場の中を突っ切り
  • 左手に橋、右手に食堂&お土産屋さんを見ながら直進
  • 道なりに進むとテニスコート
  • 左へ行く道がありますが、右の階段を登る
  • 慈湖が見えて来るので、そのまま左折して湖畔を散歩
  • 目をつぶって後ろ向きに歩いても辿り着きますω

そんな感じで慈湖陵寢に到着!

ちなみに 台湾好行 のサイトに、停留所と共に GoogleMap で慈湖までのバスルートが図示されています。
高低差等、興味深い所もあるので、ご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です