・三日目(3.いざ中壢!)

いざ中壢

晴天にも恵まれて、玲奈c2号絶好調~♪ω

ほぼ平坦な道のりですが、停止後の再発信時や混雑時の徐行運転等、三段変速のギアが思いの外役立ってます!!

Google先生に教えてもらいながら、113縣道をひたすら南下

どこで曲がるか?なんですが…
迷子になると面倒なので、GoogleMap上に示されている3番目のルート
 
中正橋を左折、中正路を東進
にしてみました。

(地図データ: Google、DigitalGlobe

商店街を抜け、庶民の皆様の生活を眺めながら~
見事に1回左折しただけで
台鉄 中壢車站 にブチあたりました!
(駅前のYouBikeスポットまで、さらにもう1回左折しましたが

なせか自転車でのルートが検索対象外なんですが、路線バスでも4停留所って距離ですからネ!
15分も漕げば着きます。

環北駅前からタクシーに乗っても、それほど距離があるわけでもないので、雨天だったらタクシーって手もアリ!かも?です。
(結構台湾のタクシーは安い!って評判です)

道中の感想

老街渓が異様に臭い!(; ̄y ̄)c●~

進行方向で言えば右側を流れている川ですが、工事中(浚渫工事?)でした…。
ヘドロを汲み出しているからなのか、とにかく悪臭ハンパなかったです,,,

車よりバイクが怖い!ヽ(ヽ゚ロ゚)ノ

突然飛び出して来ます。
ウィンカーを点けずに曲がります。
スレスレの所を追い抜いて行きます。

工事中だった!ってのもあり、極端に道幅が狭くなっている所がありまして~
都度停止して
後方確認 をしないと危なくて仕方ないω

何度か死にかけました♪|。б)σ w

それにしても、航空写真をご覧頂ければ分る通り、行けども行けども途切れなく商店・民家が続きます。
ピンポイントでの人口密度、どんだけぇ~@@

台湾の交通ルール

ちなみに!

台湾では、電車・車は右側通行ですんで、バイクや自転車も右側通行です!

例えば台北市の場合、フォーカス台湾 によれば

自転車の歩道通行、取り締まり強化
違反者に過料=台北市/台湾

ってな感じらしいです。

中央社フォーカス台湾さん曰く
 掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます
って事なので全文を引用できませんが、ザックリ言えば

アーケード内の通行や自転車専用レーンのない歩道の通行が主に取り締まりになる。
過料は300$~600$元で、外国人観光客にも適用。

だそ~ナ,,,

自転車専用レーンが設置されている所は問題ありませんが、専用レーンがない場合には車道を走る事になりますω

ご承知の通り、バイクが異様に多いお国柄です。
ヤンさんに見られるように、結構運転が荒い方も多いようです。
空気を読まずにトロトロ走っていると、怒られるかも?です,,,

2013年から日本でも
 自転車は車両として左側通行を義務化
なんて感じに道交法が改定されましたが、朝の渋滞時に我が物顔でトロトロとチャリを漕ぐ地元の高校生には困ったモンです…
バイクと違ってバックミラーが付いていないので
 自分が原因で後ろに渋滞ができている
って事に気付いていないんでしょうナ,,,

急にヨロケられたら避けようがないとか思いつつ、車と対面通行ならイヤでも気付くので、やっぱ自転車は右側通行がヨイとか思う私でした…。
左側通行にした方が、事故発生原因を減少できると期待されているようですが)

そんなワケで

チャリ漕ぐのに必死だったんで、道中の画像は一切撮っておりませぬ,,,

取り外し可能なドライブレコーダーでも持って行けば良かったのカモ?とか思いつつ、街中の情景はストリートビューでも見られますので、割愛~

中壢

ウダウダ言ってる間に中壢到着!

昔ながらの、古き良き佇まいです

先ずは YouBike の返却!

街並みが 山手線の駅前 みたいな感じです。

(地図データ: Google、DigitalGlobe

YouBikeスポットは、探さないと分らないような場所にあるのではなく、堂々と改札を出た目の前にあります。

このスペースの広さ!
92台分の駐輪スペースがあります。
しかも、超~一等地ですww

日本だったら、バスやタクシー乗り場の隣にある
 ”お迎え用の自家用車が駐車するスペース”
的な所って感じでしょうか?

この付近のスポットはこんな感じ!

自転車返したので、 次は観光案内所へ…((((=・o・)ノGo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です