・二日目(6.市内半日ツアー 1)

以下、出発前の話までです。読み飛ばして頂いて結構だと思われます…(その2)へ

半日市内観光ツアー

別記した通り、集合場所の 天成ホテル(Cosmos Hotel Taipei)には 12:50に到着し、一服しながら待機~

13:10集合と言われていましたが、Expediaに
 ご予約前の確認事項
 チェックインは予約したツアー開始時刻の 15 分前です。
と記載されていたので丁度良い感じかな?と思いまして…

広くはないロービですので、座れる椅子も限られています…
もち!このホテルのお客さんではないので,,,
フロントに憚りながら柱の影にヒッソリと佇んでおりましたω

他のツアーに参加すると思われる数名の女性の元へ、いかにもそれらしきオッチャンが声を掛け、ホテル前に停車しているいかにも!な派手なペイントが施されている中型バスに乗り込んで行きます。(後に再会します)

私のお迎えはイツ来るのでしょうか…(ρ_-)ノ

13:25にお迎えが来てくれましたω
椅子に座っていた別の男性に「ワタシさん?」と声を掛け、違うと判るとその声を聞いて近寄って行った私に声を掛けて来ました。

待つ事35分…
とは言え12:50に着いていたためで、”集合は13:10″と指定されていたので、実質15分遅れだったのですが~
実際には予定の時間に間に合っていないのですから、何らかのリアクションがあって然るべきと思いつつ…(-ω-#)y-~~~~

ガイドさん、「ちょっと待ってて!」と一声掛けると、足早にホテルの奥へ…
他の方も迎えに来ているのかな?と思って見ていたら、普通にトイレだった模様、、、

あんねぇ~
こちとら異国の地で心細い思いをしながら、面識がない初対面の、直接連絡も来れないガイドさんを待ってたんですケド…
席を外していて入れ違いになっても失礼だし、置いて行かれても面倒だと思って、どこにも行かずにその場でオトナシクしてたんですがぁ~(ノ ゚Д゚)ノ

ま、グダグダ言っても始まらない…
ヘタにモメて、せっかくのツアーが台無しになっても…。

ホテル前に止まっているワゴン車へ、颯爽と乗車!(((ノ∀`)

乗 車

4列シートの最前列には、迎えに来てくれたガイドさんとは別に運転手さんが鎮座されており、後部3列が客席…

既に先客さんが3名。
下手くそな外国語では、逆に失礼&恥をかきかねませんので、堂々と日本語でご挨拶しながらの乗車!(私日本人ですよアピールを含めてw)

 

エチケットとしてノーフラッシュで撮影。

盗撮のように見えますが、単に車内が暗かっただけですよ?

後で分る事なんですが、このお三方、親子でした。
2列目にパパ様ママ様、3列目にお嬢様が座っておられたので、私は最後尾の4列目へ!

そして発車!

ナンの説明もないまま走行…
結果として更にもう一人の男性、イスラエルからのお客さんをピックアップしました。
そのが滞在するホテルまでの間、台北市内を爆走!
運転が荒い事この上なし、
正直酔いそうでした…(T┰T )

また、ガイドさんが一旦降りてからを連れて来るまでにも、更に5分程度要しました,,,
13:48にピックアップし、イザ出発!!

多分、きっと、この時点で、、、
最初に三人親子さんをピックアップしてから40~50分程度、車内監禁状態だったのではないかと推察…。

一刻も早く全員を拾ってツアーを開始するための爆走だったのだと思われますが、親子さん達には
 「2ヶ所のホテルでピックアップしてからツアーを始める
と事前説明はしてあったのでしょうか?
少なくとも、私にはイスラエルさんのピックアップについては何も伝えられていませんでしたが…。

勝手な憶測ですけど、普通に考えて…

ガイドさん運転手さん
 これを本業としていて
 毎日お仕事があり
 これのみで生計を立てられるだけの充分な収入を得ている
とは考え難いです。
年齢的にも御両名、日本で言えば “年金受給者” くらいと拝察…

観光立国だとしても、ボランティアで観光案内をしている方もいらっしゃいますし、時期や気候によってツアーへの申し込みには波があると思われます。

言わば “不定期の臨時アルバイト” では無かろうかと推測…
香港に行った時の運転手さんは 「仕事を3つ兼務している」 と言ってましたし…
(中には催行会社お抱えの “専属スタッフ” ってな方もいるのかも?ですが…)

催行会社にしてみれば、ツアーが申し込まれた折角の営業機会に「ガイドがいない」なんて事は避けたいでしょうから、複数のガイド運転手を登録しているでしょう。
逆に、いつドコの催行会社に申し込みがあるか判らないので、ガイド運転手さんとしても、複数の会社に登録しているものと考えられます。

今回使用したワゴン車や、前出の団体さんが乗り込んだ中型バスへのペイントから推測するに、元締めさんがいて、機械的(?)に割り振っているのではなかろうか?
車両は元締めさんの所有物で、レンタルされている?…的なω

そんな意味では、未確認ながらも三人家族さんとイスラエルさん、もしかしたら私とは異なるツアー会社(手配先の催行会社)へ申し込んだ可能性もあります。

こー考えれば、ピックアップの段取りの悪さは合点が行く所であり、ヒトリ納得する私でありました…。

もっとも、元々
  料金に含まれるもの
  台北の滞在ホテルとの往復送迎サービス (バス)
って時点で無理がありますよね~笑笑
台北市内に点在するホテルを隅々まで回ってピックアップするのに、どれだけ時間が掛るんだ?とか思いつつ、もし午前中も担当していたら、最初のピックアップを “前倒しできない” なんて場合もあるでしょうし…

最初から
 「自力で集合場所まで来てくださいネ!
ってツアーにして
 「ホテルまで迎えに行く場合は、オプションで追加料金発生
って事にすればイイのに…
とか思う私でありました。。

ツアー開始

んな感じで、本格的に “半日市内観光ツアー” が始まった頃には、既に2時近になっていました。

全員揃った所で、ようやく車内スピーカーへマイクのスイッチが入りますw
運転手ヤンさん陽さん?)、60代と思しき男性です。
ガイドさんのお名前は聞き取れませんでした…(^_^;)

案内言語をど~するか?聞かれましたが、中国語は無論、英語も難があるので “日・英の二カ国語で” となりました!
ガイドさんトリリンガルだゎ☆彡

♪⌒ヽ(*゜O゜)ノ スゲェ~!!!

ってこたぁ~、三人親子さんの母国語は不明ながら、イスラエルさんも、ヘブライ語・アラビア語ではなく、英語が通じるんですね!
やっぱ
コミュニケーション手段として、言葉って大切ですよね?

相変わらずヤンさんの爆走ぶりは続きます…(ノ゚Д゚)ノ
右左折時、ほぼノーブレーキで曲がっているような感覚です,,,
大通も路地も、ほぼ変わらぬスピードで走り抜けます!
右側通行に慣れていない私は、対向車とイツ接触するか、ハラハラしながら車内の吊革にしがみ付きますω

それを悟ったのか、ガイドさん曰く…

台湾の人は、運転がジョウズです。

ヘタな人は、皆、病院にいますからww

と、お約束の台湾ジョークωω

最初の目的地、中正紀念堂に到着したのは14:02でした…。

(続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください