Single Inn-Taipei 2

行って来ました!帰国後の記述です

料金やサービス内容・設備、体験談とか周辺の様子は、多くの方や旅行サイトやブログ等で紹介されていますので、ご参照ください。

出発前にこれらのサイトやブログを参考にさせて頂きましたが、現地へ行ってみないと分からない事を中心に書き込んでみたいと思います!

入り口

入り口は、こんな感じ。

地上6階、地下1階建てのビルです。
(外観は撮ってませんので、別サイトをご参照ください)

食事よりも大切な喫煙所~

安心してください
入り口目の前に4人掛けのテーブルが2セット、灰皿と共に用意されていますヨ!

台湾全土で、法律により
屋内全面禁煙 との事…
(喫煙者辛し,,,)

中には “コッソリ室内でもOK!なんて宿もある” と書き込みを見ましたが、ここはそんな雰囲気ではありませんでした。
その都度1Fまで降りて来ての一服でしたが、ちゃんと椅子とテーブルが用意されているだけでも感謝です!

(=´ω`=)y─┛~~ 

夜の光景。

クリスマス・シーズンだったので、ツリーが飾られています。

けして “高級ホテル” ではありませんが、手作りの温もりを感じられる、私にとっては充分過ぎるくらいの宿でした。

フロントはこんな感じ。

みな若く、ある程度の日本語が通じるスタッフさんと、まったく全然ダメな方と…ω

でも、身振り手振りで何とか通じます。

日本以外からのお客様も大勢宿泊されていました。
意外だったのは、現地台湾の方も宿泊されていた事でした。

(実際に会話したのは、
 ドイツと中国からの男性旅行者さん2人と、台湾在住のご夫婦だけでした。
 当時、日本人は私以外に2人だけだったようです。)

ロビー

フロント前のロビー(?)は、こんな感じ…

自販機の中には、得体の知れない繁体文字表記のお菓子や飲み物がワチャチャ入っていましたw

「”青草茶ってナンだよ~/(・_;\??
とか思いつつ、普通のブリックパックみたいなお茶が10$(約40円)
PETボトルのミルクティーが20$(約80円)で買えます!柱|-^)v

それにしても
 ”統一企業集團”
さんの自販機…
表示が日本語ってω

輸出時に繁体に変えないんでしょうかね?

無難な所で、湯上がりに
 みんな大好き!
 世界の “カルピコ(約80円)
をお買い上げ~
可雨必思ってω)

国内の物と変わりません,,,

エレベーター

ルームキーを受け取り、イザ部屋へ!

エレベーターは二基ありますが、それぞれ “別専用” になってます。

辿り着く先のフロア(7F)は、1F同様に隣り合った扉なのですが、個室で気マズイ思いをしないよう配慮?犯罪防止?

まず自分のルームキーでロックを解除しない(↑) ボタンが押せません。
外部者の侵入防止でしょうか…

誰かが降りて来るのを待って乗り込んだ際、そのまま行き先階を押下できるかは未確認です。
また私(男性で登録?)のキーで、女性専用エレベーターが操作できるのかも不明です…

中はこんな感じ。

3F・5Fは男性専用。
6Fと7Fの半分が女性専用フロアのようです。

もしかしたら、私のキーでは6F女性専用フロア)が押下できないのかも?未確認,,,)

案内板でも判る通り、4Fがありません…

統治の名残で、日本風の験担ぎでしょうか?

欧州や香港のように
地上階を()と表示し
日本でいえば2Fにあたる階を
1Fと表示する
というような面倒はありませんw

エレベーター内の掲示です。

ハイネケンが100$?
日本と変わりません…
台湾相場だと、高くない¥?¥
2本目半額?

帰路、桃園国際空港までのチャータータクシー。
 四人乗りで 1,200$(約4,800円)
 六人乗りで 1,500$(約6,000円)
割り勘で1人あたり1,000円なら、荷物次第では高くないと思いますが、1人で利用するのはチト無理があります,,,

宿泊スペース

エレベーターを降りると、部屋番号によって左右に宿泊スペースが分岐されます。

オートロックで、ルームキーで解錠しないと中に入れませんω

防犯上、大変良いシステムではないかと…w

宿泊スペースは 土足厳禁 で、扉前で備え付けのスリッパに履き替え!

下足箱は、ブーツや長靴(笑)は入りそうにありません…

機内用に100均で使い捨てスリッパを購入、持参したのですが、ここでは不要でした。

復路用に一旦収納~

各部屋は仕切られており、一応個室のテイは、なしています。
当然カギは掛けられます。

ただ “高級リゾートホテル” ではありませんので、「それなり」 と言えばそれまでです…

間仕切りは “マンションのようにコンクリートを用いた鉄壁の空間” という感じではありません
ベニア板のような感じなので、コンコンすると隣に聞こえます…(´∇`)

完全に密閉されているわけではありませんので、対面の部屋から外人さんのイビキが聞こえて来ますωω
逆に言えば、こちらの物音も隣に聞こえているんでしょうね?

TVはイヤホン(ヘッドホン)の利用が必須です!
差し込み口は、コンセントの横にあります。
(音声を聞いても解釈できないので、無音で鑑賞してい
ました。
 持参必須?レンタルできるかは不明です。部屋にはありませんでした。)

TVは欠番なしで “22チャンネル” までありました。
議会中継【10分間休憩】なぅω

備え付けのアメニティー等は画像の通りです…

電 源

台湾の電源ですが、アチコチのサイトに記載があります。

110V(60Hz)Aタイプ(まれにCタイプ・Oタイプ)

このホテルの部屋にあるコンセントは Aタイプ だったので、普通に日本国内と同様に使えました

但し、ノートPCやタブレット等、精密機器には向かないとの記述も?
変換器持参が推奨されています!

カルピコの所に画像を載せましたが

差し込み口がヒトツしかありません
ここ、超重要です!!

USBハブを持参していたので、辛うじて…ですが
 テーブルタップを持って行けばヨカッタ
と思いました。。。

以上「シングルルーム」の話です。
スイートの方は判りません…   

料金や画像、クチコミは、以下の予約サイトをご参照ください!

Expedia シングル イン台北 – ホステル(單人房住宿空間 – 台北館)

Tripadvisor シングル イン 台北(Single Inn-Taipei)-台湾-

Booking.com シングル イン 台北(Single Inn – Taipei)

楽天トラベル シングル イン 台北(台北單人房)(SINGLEINN-TAIPEI)

agoda シングル イン タイペイ(Single Inn Taipei)

DeNA TRAVEL シングル イン台北 – ホステル (單人房住宿空間 – 台北館)(Single Inn Taipei – Hostel)

4travel.jp シングル イン タイペイ Single Inn Taipei

Hotels.com シングル イン台北 – ホステル(單人房住宿空間 – 台北館), 新北市

KAYAK シングル イン 台北

いっぱい出て来ますなぁ~ ドコも似たり寄ったりです。

だモンで! トリバゴみたいな比較サイトが流行る?必要?なんでしょ~ネ!

ただトリバゴで シングル イン 台北” と検索してもHitしませんでした。 Single Inn Taipei” じゃないとダメみたいです、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください