台湾にもある「オタク街」で胸キュン

こんにちは、ジモココ編集部です。今号は「オタクスポット」を紹介したいと思います。「え? 台湾にもそんな場所が!」と小躍りした方もいるでしょう。実はあるんです。台北のオタクたちが集まる定番スポットは大きく分けてふたつ。MR西門駅付近にある通称オタクビル『萬年商業大樓』と、台北駅の地下にある『台北地下街』です。このエリアの中から特に地元民に愛好されている選りすぐりの3店に注目しました。男性なら、このオタクスポットに足を踏み入れるだけでも台湾に行く価値アリです!そして、今なら航空券予約サイト「エアトリ」で申し込むと、お得なエアトリポイントがもらえます。2018年はエアトリを使って、台湾旅行へ。

台湾のオタクビルと呼ばれるのが西門町にある「萬年商業大樓」。外観だけを見るとデパートのようだけど、中に足を踏み入れるとカオスな世界が広がっている。 地下1階から10階あるこの大型ビルには、1階~4階までは小さなテナントがずらりと並び、まるで夜市の屋台のよう。その4階にある名店を紹介しよう。

台湾のオタク界で知られたプラモデル店『萬年愛瑜模型店』

台湾オタク界では名の知れたプラモデル店。狭い通路の両脇にそそり立つパッケージの壁はド迫力の一言だ。美少女フィギュアからミリタリーまでラインナップも幅広く、連日多くのマニアがお宝を求めて足を運ぶ。なんとその数1000種類で、日本や近隣諸国からのマニアも通うまさに聖地。

なんだ?ここは。所狭しと、プラモデルが陳列されている。

 

マニアにはわかるその価値。たくさんのフィギュアが。

『萬年愛瑜模型店』
住所:台北市萬華區西寧南路70號4樓(萬年商業大樓)4階

オタクグッズが揃うマニアックなフリーマーケットへ

地下にも台湾のオタク街は広がっている。台北市内の中心地である台北駅の地下街だ。地下街と言っても、広い台北の地下街。Y17出口あたりがオタクスポットだ。

オタクグッズ専門のフリーマーケット『OP本舗』

店内のクリアボックスひとつひとつをグッズ販売スペースとして個人に貸し出している、いわばオタクグッズ専門のフリーマーケットだ。フィギュアに食玩、ミニカーなど、スペースごとに販売者の個性が見えて楽しい。

様々なキャラクターがカオスな感じで陳列
昔遊んでいた記憶が…。トミカのミニカー懐かしい!

OP本舗
住所:台北市中正區市民大道一段100號B1-44號(台北地下街)

パックマンがなぜここに?懐かしいゲーム専門店

台湾にも懐かしいゲームの専門店が集まる。次に紹介したいお店も同じく台湾の地下街にある。本、グッズ、ゲームが入り乱れたそのエリアを楽しもう!

マニアにはたまらないゲーム専門店『時光屋』

ツインファミコン、メガドライブ、3DO……往年のゲーム機や雑誌、限定ソフトの数々が並ぶ『時光屋』 の店内は、マニアにとってはたまらない雰囲気。商品の状態は様々でジャンク品も多いが、思わぬ掘り出し物が見つかるかも。

パックマンにこんなところで出会えるとは!
この見た目、懐かしすぎる。

時光屋
住所:台北市中正區市民大道一段100號B1-67號(台北地下街)

今号では台北市内の有名なオタクスポットを紹介しましたが、いかがでしたか?日本と似ているけれど、どこか違う、懐かしさが漂う場所でしたね。
この記事を読んで台湾へ行きたくなった方に朗報です。

 

今なら「ジモトのココロ 海外篇」読者限定のお得なキャンペーンを実施中です。今月末までに、エアトリで海外航空券(出発日:2018年1月1日~3月2日対象)を申し込むと、なんと2000エアトリポイントがもらえます。このお得なキャンペーンを一人旅に、出張に、家族旅行にぜひご利用ください。しかも、台湾行きだけではなく、全路線対象です。2018年の海外旅行はエアトリで!

取材・文/いしまつ

ジモトのココロ 2017.12.12

台湾にもある「オタク街」で胸キュン