台湾の鉄道路線図について

旅行中の移動手段として、レンタカーって話もありますけど~
やはり初めての土地、読めない標識や道路標示を考えると、移動は公共交通機関、特に電車を中心に利用しようと思っています。

国際免許NGって話もありますが、日本の免許はOKとか?
詳細に解説されているサイトを参照してください…

バスは車内アナウンスがナイ!なんて噂もありますんで、チト不安~ :mrgreen:
(実際にアナウンスはありませんでした…あっても聞き取れなかったと思いますが,,,)

ナ・ノ・デ!
路線図は必須アイテムですよね!(^。^)v

今回の旅程は
臺北市以下台北市、中華民国の首都)
新北市(宿泊地)
桃園市(空港所在地)
のみの予定なので、全土の路線図は不要です。
(左の地図では“桃園縣”になってますが、現在は直轄市に昇格して“桃園市”になりました)

 

やはり地下鉄(以下MRT)の利用が中心となりますので、こんな路線図を用意しました!

以下の路線図は、作者様に無断で転載させて頂いております。
著作権等問題がある場合にはご一報ください!
なお “別タブ” で開くと、原画サイズで表示されます。

右の方はチョット古いので、紫色の空港線が薄くなってます。

分かりやすいですよね!

どこが気に入ったか?って言うと、路線の色分けがそのまま駅番号に使われている点です。

例えば台北車站台北駅を通る2本のMRTには、それぞれ
 ・板南線(Bannan Line)BL12Blue
 ・淡水信義線(Tamsui-Xinyi Line)R10Red
なんて駅番号が付いています。

東京の地下鉄路線図にも同様に駅番号が付けられていますが

例えば渋谷駅の3路線
 ・半蔵門線Z01
 ・銀座線 [G01
 ・副都心線F16
ですが、“銀座線だから”って感じですよね?

モチロン、路線名を覚える必要はナイんですが、外人さんや小さい子供に銀座線渋谷駅を教える時に
G01、あ!オレンジ色の路線ネ!」
って、駅番号路線の色を合わせて案内しないと…
じゃないですか?
(何も言わないと、台湾の方だったら緑色Greenの路線を探すと思います)

台湾のMRTの場合、駅番号がそのまま路線の色になっているので「R10」って言うだけで、赤い路線を辿る事ができます。

一手間しか変わりませんが、今回旅程表を作ってみて、強く思いました!

台湾風に言うと、銀座線渋谷駅は“O01オレンジのO”って感じでしょうか?
ただ、東京の場合は路線が多過ぎるので、色を表すアルファベットが足りないって事と、今更変えられないオトナの事情もあるでしょ~ケドω
現在でも
 日比谷線Hibiya Line”は[]で
 半蔵門線Hanzomon Line”が[
みたいに、チト無理してる感もありますが…

そんな意味では、駅番号が記載されている路線図が好ましいです!

中国語表記の駅名が読めない私としては
 後いくつ先の駅なのか?
 乗り過ごしたのか?
を判断する時に
 番号だけ見れば良い!
って利点があります。

こんなのありましたけど
 左は斬新過ぎてチト見づらい
 右は見やすいけど駅番号が記載されていない
帯に短し襷に長し…

どれも似たり寄ったりですなぁ~┐(‘~`;)┌

何より!一番肝心なのが!

台鉄(台湾鉄道-国鉄に相当
臺灣鐵路管理局 Taiwan Railway Administration
 と
高鉄(台湾新幹線)
台灣高鐵 Taiwan High Speed Rail

が載っていないのは不便です!

紆余曲折ありましたが、台湾の皆さんからも大絶賛!
ネットで話題の

久留里さん @kurur1BA 作成の台湾鉄道全路線図

これっきゃナイ!って結論で終演ですww
(詳細は他の方の書き込みを参照してください)

DLは 47RAIL.JP 【路線図はこちら】
一番下の台灣 Taiwan (中華民国)から
.pdfファイル でDLできます!!

台湾旅行を計画されている方々に是非お勧め!
アレコレ探すより、時間短縮できますww
その分のエネルギーを他に注いでください。。

モチ!スマホアプリのDLもお忘れなく!!!

台湾路線図 – 台北・高雄・台湾全土の地下鉄・台鉄・高鉄

とかトカ…

2017/12/15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください