・四日目(4.二二八和平公園)

台北駅周辺

今さらながらの台北駅!

駅の構造や歴史等については、別サイトをご参照ください。

2017年12月下旬、13:30頃の気温は17℃でした。

駅前には、こんなオブジェがあります。
大正12年に 日本車輌製造株式会社 で造られた蒸気機関車との事。

駅の中に入りと、こんな案内板があります。
バスターミナルまで迷わずに行けますネ!

Z区M6出口から出ると  新光三越 台北駅前店  があります。

脇の通路から裏手に回ろうとすると、こんなカワイイ灰皿がありましたω

小鳥が巣箱と間違えないか?
心配になりましたが~
ちゃんと網が付いていたので安心!

新光三越の裏に通ってる道です。
主な場所には
 ユニクロ  と  ダイソー  がセットになって存在しているという~

JCBプラザ ラウンジのお姉さんに教えてもらったんですけど、R09 台大醫院駅の周辺には予備校が多く、地元の人に “予備校通り” なんて呼ばれているそうです。

警察署!オシャレを通り越して、ちょっと怖いーヽ(ヽ´Д`)ノ

合格者の実名を、こんな公道からも見られる場所に張り出すんですね!

 

そんな感じで、予備校通りの目の前には 台北市立大学 があります。

受験生の良い目標になる!
つか、これみよがしの商売ですナ?(^㎜^)ゞ

 

台北駅から徒歩でどこへ向かっているのか?というと…

二二八和平公園

二二八って何?
って思った方!

話せばとても長くなります。
少しでも台湾の事を理解しようと思った方は、是非
 二・二八(2・28)事件
で検索してみてください。

台湾島原住民・本省人・在台本土日本人と、国民党を中心とした外省人との間に起った暴動、君が代、虐殺、38年間にも及ぶ国民党政権による戒厳令等々、長い間台湾ではタブーとされて来た 闇の台湾史 に触れる事ができます。

 

この公園は、日本統治時代に造られた 台北新公園 を前身としているようです。

最寄り駅は R09 台大醫院 駅です。

というより、画像の 4番出口 は、公園内にあります。

入り口では、平和に 献血 やってました。

YOUNG BLOOD って書いてあったので、オヤジ的に遠慮してみました…

つか、言葉通じないし,,,

入り口のすぐ横には、杏壇の孔子像が建っています。

政治的な意味合いを含まない孔子像は、中華圏ではアチコチにあるようです。
勝手なイメージですけど、日本で言えば “二宮金次郎” さんみたいな感じなのかな?
(日本統治時代には、台湾にも二宮尊徳像もたくさんあったとか)

同じ台北市内にある “孔子廟” は、学問の神様として祀られているようなので、天神様=菅原道真公のような存在なのかな?

ちなみに、湯島聖堂にある孔子像は、台北市から寄贈されたんだそうですね?
昔、毎日のようにお茶の水まで通っていたのに知りませんでした…
(予備校ではありませんよ?

さて!

公園内を散策してみました。
が!
園内の画像はどこのサイトでも掲載されていますので、興味のある方は他サイトをご参照ください。

数十枚撮りましたけど、ザックリと数枚だけω

この公園、普通に考えてメインは 臺北二二八紀念館 なんだと思いますけど、行きませんでした。
広島平和記念公園に行って、資料館に行かなかったみたいな…?
トンチンカンで的外れな例えですけど,,,

公園周辺

黄氏節孝坊

石造りの鳥居みたいな門ですが、調べてみると “牌坊” と呼ばれているそうです。

株式会社マジカルサイト 国際部 様のサイト
 
.com2005年5月18日二二八和平公園の鳥居?!
に詳しい解説が掲載されています。
是非ご参照を!

大天后宮舊址

児玉総督後藤民政長官記念館(現在の国立台湾博物館)の建設に伴い、1913年に 台北天后宮 が取り壊されたようです。
これは、その跡地を示す石碑ですね…

博物館のサイトにも “清代臺北大天后宮舊址” ってな記載がありますが、特に観光名所という感じではありませんね,,,

臺灣民間的石器

博物館の “屋外展示” って事のようです。
日本語サイトがありますのでご参照ください。

GoogleMapのストリートビューは、公園内にも入れます!
今いるのはココです!ココ

(以下、小声でヒトリゴト~)
車だけでなく、徒歩でも画像収集してるGoogleさん!

私もお散歩で雇ってくれませんか?
360°カメラを背負って富士山に登るのはイヤですケド~ω

国立台湾博物館

日本統治時代の1908年に設置された、台湾で最も歴史のある博物館です。
幾度かの改称を経て、現在の名称に落ち着いたようです。

市内ツアーの時にも、ガイドさんから
 総督府同様、日本統治時代を代表する建造物
なんて紹介がありました。
(いにしえ)の時代を彷彿させる佇まいです。

入館しなかったので、外観のみ…

さてさて…
台北駅付近でもう一件!

ネカフェ探しの旅に出ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください